注目の国家資格

安定した職を狙える

勉学

眼科に関する仕事と一言に言っても様々なものがあり、代表的なものだと眼科医等を挙げる事が出来ます。眼科医は患者の診察や治療を行うのが主な仕事ですが、眼科医以外にも眼科に関する仕事の一つとして視能訓練士があります。視能訓練士とはその名前からも分かるように目に関する検査をしたり、視力等の訓練をしたりするのが主な仕事となります。基本的に眼科医の指示を受けて検査や訓練を行うので、眼科医に就職して仕事を行うというのが一般的な流れです。ちなみに視能訓練士の仕事に就くためには国家資格が必要となるので、専門の学校等で学んで資格取得をする必要があります。視能訓練士の資格を取得するための具体的な流れについては、最終学歴によって少し異なってきます。例えば高校卒業が最終学歴の場合には、3年以上に渡って養成学校で所定の教育課程を納める事で初めて受験資格を得る事が出来ます。これに対して最終学歴が大学や短大卒業、もしくは看護学校卒業の場合には所定の教育課程を1年納めるだけで受験資格が得られます。これらの内のどれか一つをクリアして受験資格を得て、国家試験を受けて合格すると視能訓練士として働く事が可能となります。ちなみに視能訓練士の収入に関しては病院等で多少異なるものの、だいたい平均20万円程度となる事が多いとされています。様々な仕事の中でも比較的収入は安定していると言えますし、近年では需要も高まっているので注目の職業となっています。

点眼も提供する

男の人

眼科診療所で働く視能訓練士の仕事は、患者さんと最初に接することから始まります。どこに、どのような症状があるのか、いつから始まったのかなどの問診を行います。また、患部の様子を観察して、眼科医に報告します。そして、視力検査や屈折異常の程度、角膜のゆがみなどを測定するのです。その測定結果をもとにして、眼科医の診療が行われます。診察結果によっては追加で検査が必要になることもあるでしょう。その場合には、視能訓練士が再度追加された検査を行います。さらに、検査前に点眼が必要な際には、点眼する目的を患者さんに説明したり、点眼したりするようです。また時間をおいて点眼する場合には、時間管理も行います。さらに手術が必要になった患者さんの眼の各種検査も行うのです。超音波検査や眼球電図測定などを行い、異常部分の正確な位置や大きさを特定してくれるでしょう。また、人工レンズが必要な患者さんには、人工レンズの度数を測定する検査を行います。正確な測定が要求されるため、視能訓練士の操作の技術力が重要になるのです。患者さんの様子とともに、検査した項目の検査結果を記入して、眼科医に報告します。必要であれば、患者さんが診察室に入るのを補助したり、医師がスムーズな診察が行えるように補佐したりするようです。視能訓練士の給料は、1か月で20万円から25万円くらいです。ただし、勤続年数や働く地域、医療機関の規模などによって異なります。またアルバイトやパートの場合は、1時間で1300円以上が多いです。

相手の立場になる

眼

視能訓練士に向いている人は親身的な人です。視力が低下している人のリハビリなどを行うため、常に相手の立場になって考える必要があります。少なくとも短気な人には務まりません。我慢強く、相手と一緒に歩める人が好まれます。もちろん、視能訓練士の資格を取得しないことには誰でもできる仕事ではありません。まずは資格取得を目指しましょう。専門学校に通う方法が一番の近道です。もちろん、転職をすることもできます。これまでは全く別の職場に務めていた人でも、視能訓練士の資格を取得すれば視能訓練士として採用してもらえる職場もあるはずです。就職先、転職先は主に施設やリハビリセンターなどになります。視力低下というと事故や病気が原因で起こることも多く、対象者は幅広い年齢層となっています。その中には高齢者ももちろん居ます。他の病気と合併していることもあるので、病気の状態を見ながらリハビリを行うことになります。よって、他の科を担当する医師とのコミュニケーションも必要です。一般的には眼科に努めることになります。眼科医が診察する前に、視力検査や視野検査などを行いますが、それを担当するのが視能訓練士です。患者がものを見られるようにお手伝いをする立ち位置となるわけです。患者の中には全盲や弱視の人も多いことから、手取り足取りとなることも少なくありません。健康体で様々なお手伝いができる人もこの仕事に向いています。もちろん、男性でも女性でも適している仕事です。