目のスペシャリストになる

資格を取得する方法とは

メンズ

医療に関わる国家資格は様々ありますが、目の検査や訓練、リハビリなどを行っているのが視能訓練士です。眼科を受診した時に、視力や眼圧を測った事がある人も多いでしょう。実はこれらの検査は、視能訓練士が行っているのです。この視能訓練士は、医師の指示に従って検査や訓練を行い、その結果に基づいて、医師が治療を行っています。視能訓練士によって、治療方法が決められる事も多いので、とても重要な仕事なのです。そのため、目のスペシャリストとも言えるでしょう。では、この目のスペシャリストになるには、どうすればいいのか気になってしまいますが、視能訓練士は国家資格なので、試験を受けて受かる必要があります。しかし、視能訓練士の試験は、誰でも受けられるのではないので注意しましょう。視能訓練士の受験資格には、高校卒業後、大学や専門学校などの養成学校で、専門的な知識を3年以上学ぶ必要があります。受験資格の詳細は、厚生労働省の公式サイトなどから確認する事ができます。視能訓練士の国家試験は年1回開催されており、東京や大阪などが主な開催地になっています。試験科目は、基礎医学大要や基礎視能矯正学などが設定されています。さらに視能検査学や視能障害学及び視能訓練学も必要になります。過去の試験問題と解答は、厚生労働省の公式サイトに掲載されているので、試験を受ける際には参考にすると良いでしょう。視能訓練士の合格率は90%ととても高いので、比較的目指しやすい資格だと言えます。

超音波実習をします

目元

視能訓練士は、国家資格を持つ人です。国家試験に合格して初めて視能訓練士として活躍できます。眼科診療所や病院、リハビリテーションセンターなどの職場で働いています。視能訓練士になるためには、視機能や眼疾患などの講義を受けて学びます。物が見える仕組みや目の病気、治療に必要な検査方法など、目に関する知識を得ます。特に、患者さんが訴える症状だけではなく、他にどんな症状があるのか、生活環境などの聞き取りも行い、治療につなげます。また、視能訓練士になるためには、実習が必須です。実際に眼科診療所などで行われている検査を実践したり、患者さんとの接し方を学んだりします。検査実習では、視力検査を実習します。機械を使用して、裸眼の状態で、あるいはメガネを着用した状態で視力を測る方法を学びます。また、目の屈折異常を調べる実習もあります。この実習では近視、遠視を判断したり、乱視があるかどうかを調べたりします。さらに、眼軸長測定実習も行います。これは、人工レンズの度数を決めるための検査です。白内障手術などで用いられる人工レンズの度数を決めるために、超音波を使って目の奥行きを調べます。眼軸長測定実習の他にも、超音波を使った検査方法の実習もあります。超音波を使って眼球を調べ、モニターを見ながら異常を探る方法です。その他には、眼球電図測定実習もあります。眼の動きに異常がないか調べる検査方法です。実習は、視能訓練士を目指す学生同士で行うことが多いです。

目の専門家

男の人

視能訓練士は、医師の指示を受けて患者の目の検査を行ったり、目の機能の回復を促す訓練を行う仕事です。視能訓練士の多くは、病院や眼科医院で働いています。最も多くを占める仕事は、目の検査です。視力や眼圧、視野や色覚等様々な目の検査を、多彩で複雑な検査器具を用いて行っていきます。この他、斜視や眼球運動を改善する視能矯正、リハビリ等も行います。目の病気の治療を行うのは眼科医ですが、視能訓練士は目の専門家として最適な治療方針を医師が決定できるように導く役割を持ちます。視能訓練士になるには、国家試験に合格することが必要です。国家試験を受けるには受験資格があり、視能訓練士を養成する課程のある大学か専門学校で3年以上学ぶか、一般の大学や短大、専門学校を卒業後視能訓練士養成施設で1年以上学ぶという条件を満たすことが求められています。国家試験は年に一度しかないため、早期の合格を目指すにはきちんと受験対策を行うことが肝心です。なお、視能訓練士の資格は有効期限がないことから、資格を取得できれば一生涯働くことができます。我が国は超高齢化社会が進行しており、そのため目に問題を持つ人が増えてきています。こうした状況もあって、視能訓練士の需要が高まっているのです。現在、病院や眼科医院では視能訓練士の数が足りないという声が多く、今後も高需要が続くと考えられており、将来性が高い職業と言われています。また、視能訓練士は男性が9割以上を占めていましたが、近年は女性の比率が増えており、将来女性の活躍が大いに期待されています。