目に関わる専門技術者

検査以外にも様々な業務を

メンズ

将来役に立つとされている資格は数多く存在しますが、国家資格である視能訓練士もその一つです。眼科医院などで視能検査を行う専門家であり、屈折異常があるかどうかの検査を行うのも視能訓練士の業務の一つです。遠視や近視といった屈折異常だけではなく、緑内障や白内障などの検査も行います。眼鏡やコンタクトレンズをする際には検査が必要になりますが、こういった検査を行うのも視能訓練士の大切な業務の一つです。ただ検査を行うだけではなく、視能訓練士は視野矯正の訓練指導も行います。斜視や弱視といった目に問題を抱える人はその機能を回復させるために訓練を行う必要があります。視能訓練士では検査だけではなくこういった訓練を指導する業務を行うこともあるのです。また、集団検診視機能スクリーニングを行うのも大切な視能訓練士の業務の一つです。眼疾患を予防するためには、その異常を出来るだけ早く発見して治療を行うことが大切です。そのため、子供達に眼科検診を行うこともありますが、その際に検診業務を行うのも視能訓練士の仕事の一つです。眼科検診によって生活習慣病が発覚することもありますので、子供だけではなく生活習慣病検診を行うこともあります。生活習慣病になってしまったり、老化によって視力が低下してしまうという人が増えていますが、そういった人は普段通りの生活が出来るようにとリハビリが必要になります。視能訓練士は検査を行うだけではなく、業務の一つとしてそういったリハビリにも関わることになります。

指導を行います

勉強道具

眼科医療をサポートする視能訓練士の仕事は、以下の通りです。視能訓練士の仕事の一つとしては、視機能の検査を行います。物が見えにくい場合、視力が衰えた、メガネの度が合わなくなったという理由が考えられます。しかし、それ以外にも、さまざまな病気が原因となっている場合もあります。原因を探るために、目の機能を一つ一つ検査していきます。近くの物が見えにくいのか、遠くの物が見えにくいのか、物がゆがんで見えるのかなどの検査を行います。眼科医療機器を使用しながら患者さんの目の機能を検査していき、眼科医と協力して診断します。また、視能訓練士は斜視や弱視の患者さんに訓練や指導を行うことも仕事です。斜視とは、目の位置がずれているため物を立体的に見ることが難しい状態をいいます。また、弱視とは生まれつき視力が弱いことをいいます。このような患者さんの視力を回復するための指導を行います。そして、高齢者に対して、目の機能を補うための方法を指導する仕事もあります。その人に合った老眼鏡や拡大鏡などを選び、使用方法を指導します。高齢化社会のため、今後はますます、このような視能訓練士の活躍が期待されています。視能訓練士になるためには、国家資格を取得しなければなりません。まずは国家試験の受験資格を得る必要があるので、専門の養成所に通うことになります。高校卒業後にすぐに視能訓練士を目指す場合は3年間、短大や大学に進学してから養成所に入る場合は1年間通います。視能訓練士だけを目指すなら高校卒業後すぐに養成所に入ると良いでしょう。医療全般に関して広い知識を得たいという人は、短大や大学に通いましょう。

3年以上の専門学習が必要

眼

リハビリテーション医療に関連した専門資格にはさまざまな種類がありますが、そのうち目の機能に関するリハビリのスペシャリストと言えるのが視能訓練士です。視能訓練士は、医師の指示のもとで視力や色覚といった視機能全般に関する検査を実施したり、弱視・斜視等の矯正訓練を行ったりする専門家です。こうした仕事は従来は眼科医が自ら行うことが多かったのですが、最近は専門分化が進んでいます。そのため、資格保有者に対する需要も年々高まってきています。視能訓練士の資格を得るには、国の指定を受けた養成施設で必要な知識や技術を学んだのち、毎年1回実施される国家試験に合格する必要があります。養成施設は2017年現在で全国に27校ありますが、その大半を専門学校が占めます。一部の大学にも養成コースを設けているところがあります。学習期間は専門学校が3年間、大学が4年間となっています。養成施設では解剖学や生理学といった基礎的な医学から視能矯正学、神経眼科学といった専門分野、精神保健などの関連分野などに至るまで幅広い学習を行います。もちろん、実習も多く取り入れられています。視能訓練士試験の受験資格を得るために必要な費用の額は、それぞれの学校ごとに異なります。平均的な費用水準としては、専門学校の場合で入学金を含めた初年度費用が150万円前後、2年目以降が100万〜120万円といったところです。学校によっては、この他に教材費や実習費などが必要となることがあります。

目の健康管理について

視力検査

医師の指示のもと、患者様の検査や訓練、リハビリなどを行っているのが視能訓練士です。訓練についてですが、両眼の位置がずれている斜視や、メガネでは視力をカバーできない弱視の患者様に対して訓練を行っています。

もっと読む

目のスペシャリストになる

メンズ

視能訓練士は、眼科などで検査や訓練、リハビリなどを行っています。視能訓練士になるためには、指定の養成学校で3年以上学び、国家資格を受験して受かる必要があるのです。国家試験は年1回、東京や大阪で行われており、90%と高いので、比較的目指しやすい資格だと言えます。

もっと読む

注目の国家資格

勉学

視能訓練士とは眼科に関わる仕事の一種で、目に関する各種検査や視力等の訓練を行うのが主な仕事となります。この仕事は収入が安定していますし需要も高いので人気がありますが、実際に仕事に就くためには国家資格の取得が必要です。

もっと読む